お問い合わせ
企業年金に加入する事業所、
加入者・受給者のための公的年金情報

無料会員登録
東京都「新製品・新技術開発助成事業」認定
会員登録のメリット
年金に関する問合せ受付
問合せ随時受付と回答案提案  会員のみ、年金に関する様々なお問い合わせをすることができ、問い合わせに対して回答を行っております。
福利厚生施設のご利用でポイントが貯まります
充実した福利厚生施設の提供  会員として、福利厚生施設を利用をすると年金なびポイントが貯まります。貯まったポイントは商品券に交換できます。
最新の年金情報を自動配信
最新の年金情報を自動更新  会員のみ、年金制度・法律改正などの最新の年金情報を随時、メールでお知らせいたします。
年金用語集
年金用語集を自動更新  会員のみ、豊富な年金に関する用語の解説をまとめました一覧を閲覧できます。
年金Q&A
年金Q&Aを自動更新  会員のみ、年金なびに寄せられるよくある質問をまとめた一覧を閲覧できます。

基金一覧

最新の年金情報

2020/07/20

<<厚生年金保険の標準報酬月額の上限が令和2年9月1日より620千円から650千円に変更になる予定です(厚生労働省)>>


 現在、厚生年金保険の標準報酬月額の上限は605千円以上の報酬月額がある場合、620千円を上限とする旨定められていますが、令和2年9月1日から635千円以上の報酬月額がある場合650千円に引き上げる予定で7月22日を締め切り日としたパブリックコメントを募集しています。
 正式には、8月下旬に改正の政令を発出する予定になっております。
【改定前】
月額等級 標準報酬月額 報酬月額 一般・坑内員・船員
(厚生年金基金加入員を除く)
全額 被保険者負担分(折半額)
18.300% 9.150%
第31級 620,000円 605,000円以上 113,460円 56,730円
(日本年金機構公表資料より引用)

【改定後】
月額等級 標準報酬月額 報酬月額 一般・坑内員・船員
(厚生年金基金加入員を除く)
全額 被保険者負担分(折半額)
18.300% 9.150%
第31級 620,000円 605,000円以上
635,000円未満
113,460円 56,730円
第32級 650,000円 635,000円以上 118,950円 59,475円
(日本年金機構公表資料より引用)


 なお、日本年金機構では改定後の新等級に該当する被保険者の方がいる対象の事業主及び船舶所有者に対して、令和2年9月下旬以降に「標準報酬改定通知書」を送る予定になっております。

 ちなみに、標準報酬月額の下限については101千円未満の報酬がある場合、98千円を下限とする旨定められていましたが、平成28年10月より93千円未満の報酬がある場合は88千円を 下限とする旨変更されております。







企業年金基金の加入者・受給者のための公的年金情報:年金なび

企業年金基金の加入者・受給者のための公的年金情報:年金なび 年金なび 運営会社 株式会社セキュリティ情報研究所 運営会社       個人情報保護方針 個人情報保護方針 個人情報保護方針      
Copyright © Nenkin NAVI. All Rights Reserved.
※「年金なび」は年金なび運営事務局の登録商標です。年金ナビ、年金navi、年金nabi、年金NAVI、年金NABIなども類似商標にあたりますのでご注意ください。